Yui Fujiwara ぶろぐ

ソプラノ、藤原唯のブログです。 コンサート出演のお知らせなど、更新していきます♪

2015年10月

こんばんは。先日の記事にコメントやメッセージありがとうございました!
コンサートが終わってからゆっくり返信します♪

 

今日は何かというと、11月2日のコンサートへ再度お誘いです(*・ω・)ノ
昨日流れを通す稽古が終わりまして、 はじめて全体像を把握したわたくし!

みんなの才能に感嘆したのでした・・・!



今回のコンサートはオペラ・ガラ・コンサート。色々なオペラ作品の抜粋、つまりいいとこ取りなわけです。
そのバラバラの曲を、ストーリーテラーのゆりあちゃんがお芝居でつないでいくのですが・・・


うまい!!!オオーw(*゚o゚*)w





舞台発声の台詞が苦手な私・・・尊敬です
そして台本も同期のメンバー作なのですが、お客様にできるだけ飽きさせずに楽しんでいただこうという配慮あふれる素敵なものとなっていました

歌詞の対訳はないけれど、歌い手によるそれぞれのプログラムノートも掲載予定ですし、いや、本当にみんなよく働くなあと(´;ω;`)ありがたいことです!
思いやりあふれる素敵な公演の予感。たくさんの方に観ていただけたら嬉しいです♪ 

詳しくはこちら




チケットはご用意できますので、ご連絡くださいね


私は2日に6日の魔笛にと、要領悪いのでてんてこ舞いなのですが(笑)
どうにかがんばりたいと思います♡(^∀^) 

終わったら今度はプライベートパーティー用に、愛の妙薬の練習が待っているのである!!ひゃー

19日の町田のコンサート、無事終演いたしました!
たくさんの方に来ていただき、感謝です。

いつもあたたかい励ましのお言葉や、プレゼントありがとうございます。
なかなか個別にお礼できないですが、ちゃんと大切にいただいています

ピアノの西本さん・テノール隠岐さん・藤原
12108032_836158863164582_1474967261044184959_n

この衣装は、日本名曲アルバムの収録の際にコール・ステッラ メンバーで揃えたらどうかな?と思って買ってみたもの。
いかがでしょうか?ご意見お聞かせください(*・ω・)ノ







今後のコンサート情報を載せます♪


オペラカフェマッキアート58「月夜のちいさなものがたり」
2015年11月2日(月)
18:00会場 18:30開演 
北とぴあ つつじホール
チケット3000円
14228

こちらは前にもお知らせしていますが、二期会研修所同期とのコンサートです♪
オペラの名曲をひとつの物語に・・・ということで、台本を作ったり曲目解説も1曲ずつ丁寧にパンフレットに載るそうなので、オペラを知っていただくにも良い機会になるかと思います.。゚+.(・∀・)゚+.゚
こちらでは3曲と、合唱を歌います。来ていただける方は、直接私までご連絡ください!





②第22回 クラシックボランティア Heart Concert
12月29日(火)
開場16:30 開演17:00
ホテルニューオータニ
会費12000円、学生9000円(お食事つき)
第22回 ハートコンサートチラシ H27(2015)1014
美味しいお食事と演奏をお楽しみいただける会
5曲ほど歌います。お申込みは、チラシに記載されているお問い合わせ先へお願い致します。





③まだ詳細は未定ですが、2016年1月5日(おそらく夜)に西尾友香理と齋藤亜都沙とのコンサートが決まりました♪
こちらは時間など決まり次第アップします。お楽しみに!





④コール・ステッラ コンサート2016
■公演日時
2016年2月28日(日)
開演15:00 (開場14:30)
■チケット料金
S席¥3,000  A席¥2,500 (全席指定・税込)
(※未就学児の同伴・入場はご遠慮ください。)
(※文化会館取り扱いのフレンド会員は,500円引き)  
■チケット予約・販売
フレンド会員 10月23日(金)  一般 10月30日(金)
龍ケ崎市文化会館  0297-64-1411
(※発売初日は午前9時から電話予約のみ受付開始。)
チケット引換えは翌日よりお願いいたします。
■主催
(公財)龍ケ崎市まちづくり・文化財団
■お問合せ
龍ケ崎市文化会館  0297-64-1411
 
プレイガイド
・龍ケ崎市観光物産センター:0297-94-1093(窓口販売のみ)
・土浦市民会館:029-822-8891
・つくばカピオ:029-851-2886
・取手市民会館:0297-73-3251



ついに決まりました!ちょっと遠いですが、トークも交えながら歌謡曲、唱歌、日本歌曲、オペラの名曲などをお届けします♪
メンバーの魅力を知っていただける、あたたかいコンサートにしたいと思います
こちらも上記お問い合わせ先へご連絡ください。






先日の記事で、オペラにお客様が入らない!と書いたことで、それは失言では?とメッセージをいただきました!
そのようにお感じになった方がいらっしゃるかもしれませんので補足させていただくと、“人が入らない”というのは会場が埋まらない、という意味ではなくて、商業演劇やミュージカルのように連続公演できて、利益が出る公演が少ない、そもそもオペラを見に行く客層が薄い、という意味です

ですので私の活動の一環として、せっかくテレビにも出演させていただいておりますので、興味を持っていただいた方に少しでも“オペラ”というものをまず知ってもらうこと、そして楽しんでもらうこと、ができたらいいなあと思っております



みなさんの好きな音楽も提供して、私たちがやっているものも知ってもらう、そんなお互いにハッピーになれる関係を築いていけたら最高かな!なんて
2月のステッラコンサートは、そこを目指します♪是非いらしてくださいねー!
 

本日は、二期会本公演「ダナエの愛」を観てきました!
(コメントのお返事遅れており申し訳ございません。のちほどゆっくりお返しします)


全能の神ゼウス(ジュピター・ユピテル)と、ゼウスから触れたものすべてを黄金に変える力を与えられたミダス、そして美しい娘ダナエ、この3人のおはなし・・・。
 
ギリシャ神話のパロディなのですが結局は愛か金かって、まぁよくある話。
日本ではほとんどなじみがなく、なんと本邦初演のこのオペラ、主役のお三方がすばらしくとても良い公演でした!
なんでこんなことを書いているかというと・・・4日も同じキャストで公演があるから、です!


あらすじや詳細はこちら テノール歌手の髙田正人さんのブログが大変わかりやすく面白いです。
(一方的に存じておりますが、許してくださると勝手に思いリンク貼らせていただきます)
 

こちらのオペラは本当に上演されないですし、私は上演されないものにはされない理由があると思っています。もっと言ってしまえば、オペラにお客様が入らないのも、ね。



・・・だって難しいんだもの!笑
 



ででで、今回のこの作品、もちろん知らずに見に行ったわけですが、思わずこう書き綴ってしまうくらいに魅力的だったんですねえ。作品自体は、とらえようによっては本当にどうでも良い話っていうか(笑)愛がお金どっちとるかって、どっちもあるのがいいけども…どっちかしか選べないなら⁉︎って人間の普遍的な課題ですね。それに人間を見守る神様の葛藤なんかが盛り込まれている、壮大なラブストーリー♡
この作品ではそもそもある程度ギリシャ神話わからないと難解だし、日本では上演されないのかなと思ったけれど。(カプリッチョよりは好きだった)

ベテランのキャストさまのお力で、真実がその瞬間瞬間に感じられる舞台でした。(もちろん演出やオケなどその他たくさんの要素がすべて揃ってそう感じるものと思いますが、歌い手だけに絞り割愛します)
これってあるようでオペラではあんまりなくて、これがあるから感動すると私は思っているのですけれど♡
愛・嫉妬・怒り・悲しみ・苦しみ・喜び!演技でやっているんじゃなくて、キャラクターがそこでそう感じてそう生きているように見えるように歌い演技するというのが理想なのです。
ただお芝居と違って、感情にまかせてやっていると必ず歌に支障が出ますので(笑)その辺のバランスやテクニックなんかを若手は勉強していくわけですね〜。私もまだ、まだまだまだまだまだ、です
それにはまず声・歌の説得力がなければですし、その上でお芝居が成り立ちます。すごい方は、本当に声だけでなんかもうこれは本物の魂の叫びだ!なんて思わされちゃいます(うるうる)今日はそんな感じでした。大学院でもお世話になったミダス役の福井敬先生、くぁ〜!しびれたー!これは愛を選ぶだろう。笑
ユピテルの小森さんも、ダナエへの愛が伝わって来て3幕のなんと切ないこと!ダナエの林さん(ポニョの挿入歌うたわれてた方ですよ♪)も美しく終始素敵なダナエでございました。
他にもキャラクターはちょこちょこ出てきますが、ほぼこの3人が中心となりお話は進みます。
2幕・3幕のみなさまの集中力、緊張感がたまりませんでした。ひろーい舞台の上、2人のキャラクターが近づいていても離れていても、意識が常につながっている(それが愛情でも攻防でも)のが見えるドキドキみなさんがうまくないとこういうのは成り立ちません。

というわけで、明日も公演はありますが別のキャストさんなので空気感もガラっと違うと思います4日のは今日みてきましたので、ばっちりオススメできます!
曲や話は決してわかりやすいとは言えないのでオペラ初心者さまにはけっこう大変な演目(3時間半と長いし、場面展開が少ない、曲も覚えられない笑、けどメリハリ・迫力あって映画音楽みたい!)と思いますが、基本は単純なお話ですし、予習しておけば楽しめます。上質な音楽を思いっきり音楽を浴びに行かれるのにいいと思いますオペラファン、Rシュトラウスファンは観るべし〜!ご興味のある方は是非劇場へ♪

そして究極、愛かお金か再考したりして・・・


 klim08[1]11
クリムトの描いたダナエ(黄金の雨に扮したジュピターと交わるダナエ)

この絵があまりに気持ち良さそうで素敵、とても印象的で、今日は聴いてるときほとんどこの画を想像していました。笑
演出にもクリムトのモチーフが使われていて、クリムト好きにはちょっと嬉しい 


追記
情報誌ぶらぁぼさんが、2日夜に熱烈なレビューを書いてます!
https://www.facebook.com/BravoClassic

このページのトップヘ